長野県立科町(公式)

観光と生活が融合したハイブリッドな暮らしが叶う、たてしな町。 今にもちぎれそうな「女神…

長野県立科町(公式)

観光と生活が融合したハイブリッドな暮らしが叶う、たてしな町。 今にもちぎれそうな「女神のくびれ」を境に南北に細長く、南は蓼科山や白樺湖、女神湖が点在するリゾート地。北には浅間山を背景に史跡や寺社など歴史を感じられる街並みと、日本の原風景を思わせるのどかな田園風景が広がっています。

マガジン

  • 空き家DIY in 立科町2022 ワークショップ

    立科町では初となる「空き家DIYワークショップ」が行われました(計5回、8日間)。主催する地域おこし協力隊の永田賢一郎さん、秋山晃士さんは建築家。その資格と経験をフルに生かした改修作業にくわえ業者による工事を経て、かつて教職員住宅として使われていた家が来春には移住者向け住宅に生まれ変わる予定です。

  • 脱サラ!移住!新規就農(リンゴ)

    都会で暮らしてきたが、いつかは自然が豊かな町で暮らしたいと考え、ふと訪れた立科町でリンゴの木の力強さ、おいしさに魅了され、どうしてもこの地でリンゴ栽培に携わりたいと立科町への移住を決意した。 令和3年度地域おこし協力隊に応募、21年5月より農業振興担当として立科町に移住しリンゴ農家として独り立ちを目指し奮闘中!

空き家DIY in 立科町2022 ワークショップ

立科町では初となる「空き家DIYワークショップ」が行われました(計5回、8日間)。主催する地域おこし協力隊の永田賢一郎さん、秋山晃士さんは建築家。その資格と経験をフルに生かした改修作業にくわえ業者による工事を経て、かつて教職員住宅として使われていた家が来春には移住者向け住宅に生まれ変わる予定です。

すべて見る

空き家DIY in 立科町2022 ワークショップ【第1回解体、第2回断熱】

 立科町では初となる「空き家DIYワークショップ」が行われています(12月2日まで計5回、8日間)。主催する地域おこし協力隊の永田賢一郎さん、秋山晃士さんは建築家。その資格と経験をフルに生かした改修作業にくわえ業者による工事を経て、かつて教職員住宅として使われていた家が来春には移住者向け住宅に生まれ変わる予定です。まずは第1回、第2回の模様をリポートします。 (立科町企画課 池田 知穂) 【第1回 解体ワークショップ】(9月30日、10月1日)  初開催の第1日目は、ま

スキ
36

空き家DIY in 立科町2022 ワークショップ【第3回左官】

立科町では初となる「空き家DIYワークショップ」が行われています(12月2日まで計5回、8日間)。主催する地域おこし協力隊の永田賢一郎さん、秋山晃士さんは建築家。その資格と経験をフルに生かした改修作業にくわえ業者による工事を経て、かつて教職員住宅として使われていた家が来春には移住者向け住宅に生まれ変わる予定です。第3回左官編の模様をリポートします。第1回解体、第2回断熱の様子はこちら。 (立科町企画課 池田 知穂) 【第3回 左官ワークショップ】(10月28日、10月29

スキ
25

空き家DIY in 立科町2022 ワークショップ【第4回外構】

立科町では初となる「空き家DIYワークショップ」が行われています(12月2日まで計5回、8日間)。主催する地域おこし協力隊の永田賢一郎さん、秋山晃士さんは建築家。その資格と経験をフルに生かした改修作業にくわえ業者による工事を経て、かつて教職員住宅として使われていた家が来春には移住者向け住宅に生まれ変わる予定です。第4回外構編(ウッドデッキ作製)の模様をリポートします。第1回解体、第2回断熱の様子はこちら。第3回左官の様子はこちら。 (立科町企画課 池田 知穂) 【第4回 

スキ
23

空き家DIY in 立科町2022 ワークショップ【第5回インテリア】

立科町では初となる「空き家DIYワークショップ」が行われています(12月2日まで計5回、8日間)。主催する地域おこし協力隊の永田賢一郎さん、秋山晃士さんは建築家。その知識と経験をフルに生かした改修作業にくわえ業者による工事を経て、かつて教職員住宅として使われていた家が来春には移住者向け住宅に生まれ変わる予定です。第5回インテリア編(ランプシェード作製)の模様をリポートします。これまでの回の様子はこちら↓↓ 第1回#解体、第2回#断熱 第3回#左官 第4回#外構 (立科町企画

スキ
31

脱サラ!移住!新規就農(リンゴ)

都会で暮らしてきたが、いつかは自然が豊かな町で暮らしたいと考え、ふと訪れた立科町でリンゴの木の力強さ、おいしさに魅了され、どうしてもこの地でリンゴ栽培に携わりたいと立科町への移住を決意した。 令和3年度地域おこし協力隊に応募、21年5月より農業振興担当として立科町に移住しリンゴ農家として独り立ちを目指し奮闘中!

すべて見る

~立科町のリンゴに惚れた男~ 移住、研修、収穫までのドキュメント vol.1

みなさんこんにちは! この連載では、立科町に移住しリンゴ畑を借りた地域おこし協力隊の1年間をリアルタイムで発信していきます。 自己紹介 芳野 昇 55歳 大阪府出身、2021年3月まで35年間、大阪市役所で消費者行政や広聴相談業務、港湾管理、児童相談所などさまざまな業務を歴任。 都会で暮らしてきたが、いつかは自然が豊かな町で暮らしたいと考え、ふと訪れた立科町でリンゴの木の力強さ、おいしさに魅了され、どうしてもこの地でリンゴ栽培に携わりたいと立科町への移住を決意した。

スキ
18

~立科町のリンゴに惚れた男~ 移住、研修、収穫までのドキュメント vol.2

みなさんこんにちは! この連載では、立科町に移住しリンゴ畑を借りた地域おこし協力隊の1年間をリアルタイムで発信していきます。vol.1はこちら。 剪定作業 一体、何本の枝をきったんやろうか… 剪定作業?いや、これは伐採作業やな… 初期費用が避けられない道具も付いている好条件だったとはいえ、万事がうまくいくわけでありません。二つ返事で借りたリンゴ畑、実は腐乱病というやっかいな病気が待ち受けていました。果樹栽培にはつきものですが、「特効薬を作ったらノーベル賞ものだよ」なんて

スキ
15

~立科町のリンゴに惚れた男~ 移住、研修、収穫までのドキュメント vol.3

みなさんこんにちは! この連載では、立科町に移住しリンゴ畑を借りた 地域おこし協力隊の1年間をリアルタイムで発信していきます。vol.2はこちら。 剪定作業完了 4月に入ってからのポカポカ陽気は、本来なら心も弾むところ。しかし、気温の上昇にあおられているような思いでした。 なにしろ、3月中旬から始まった剪定は、予想を超える大変さ。同期の協力隊の手も借りて、剪定…というより伐採がようやく終わったのは4月12日。 気が付けば、リンゴのつぼみは今にも花を咲かせそうなくらい膨らん

スキ
22

~立科町のリンゴに惚れた男~ 移住、研修、収穫までのドキュメント vol.4

みなさんこんにちは! この連載では、立科町に移住しリンゴ畑を借りた 地域おこし協力隊の1年間をリアルタイムで発信していきます。vol.3はこちら 摘花作業 早いもので、5月で立科町の地域おこし協力隊として着任し1年が経ちました。 リンゴ農家への道を歩み出したばかり。ゴールデンウィークは大阪に一時帰郷して家族の顔を見てきましたが、頭からリンゴのことが離れることはありませんでした。 いよいよ本格的な作業の始まり、まずは摘花です! リンゴは花芽が出ると、そこから5個ほど花が咲き

スキ
14